地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と,「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

https://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org


世界の文字

ティフィナグ文字 英 Tifinagh


ティフィナグ文字は,モロッコアルジェリアなど主にアフリカの北西部およびサハラ周辺に住む,セム・ハム語族に属するベルベル人が話すベルベル諸語を表記するための文字。

古代のリビア文字(ヌミディア文字)と,近現代のティフィナグ文字を総称してベルベル文字と呼ばれる。ティフィナグ文字は,カルタゴのポエニ文字(新フェニキア文字)と密接な関係がある古代のリビア文字の直系で,アルジェリアのベルベル人が継承してきたといわれる[1] 古代のリビア文字は,別掲「古代ベルベル文字」を参照。

ベルベル人の歴史は他民族による侵略と支配の歴史である。有史以来カルタゴに植民都市を建設したフェニキア人から始まり,ローマ帝国,ヴァンダル族,東ローマ帝国,アラブ人と続き,近代ではフランスによる植民地支配を受けた。現在ベルベル人のほとんどはイスラム化し,アラビア語・アラビア文字が主に使われる。モロッコの公用語は,アラビア語で,第二言語はフランス語である[2]

モロッコでは,2003 年から「アマジグ語 Amazigh」という教科が義務教育の授業に導入された。導入にあたっては,ベルベル言語・文化王宮アカデミー(Institut Royal de la Culture Amazighe = IRCAM)主導のもと,地域差のあるベルベル語を取捨選択して語彙がまとめられ,文法が整備された[3]

文字構成

現行ティフィナグ文字は,子音字 29,母音字 3,それに,3 つの子音の連続を回避するために挿入される文字(表右下隅)からなる。

IRCAMティフィナグ文字表 [Mikael Parkvall / CC BY-SA 3.0/ 出典]

ベルベル語テキスト

世界人権宣言タマジグト(アマジグ)語

出典:世界人権宣言,Font: Noto Sans Tifinagh   

テキスト入力

ユニコード

ティフィナグ文字のユニコードでの収録位置は U+2D30..U+2D7F である。

Free Font: Noto Sans Tifinagh

関連リンク・参考文献

[最終更新 2021/03/05]