地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org


世界の文字

ウォロフ語の文字 英 Wolof writing system


ウォロフ語はニジェール・コンゴ語族大西洋語派に属す言語で,第一言語話者はセネガル(主に中西部),ガンビア(パンジェルおよびガンピア川以北),およびモーリタニア(南部)で用いられる。ウォロフ語はセネガル全土で事実上の共通語となっている。[言語地図

ウォロフ語は,12 世紀から 13 世紀頃にセネガル川流域からセネガル中部にかけてウォロフ人を中心として成立したジョロフ帝国の言語としてまず広がった。そして,ヨーロッパ人到来後は,セネガル川流域での奴隷その他の取引で用いられる主要な交易言語となった。さらに,19 世紀後半から本格化するフランスによる植民地支配が北部のウォロフ人地域を起点に始まったことや,セネガルにおいて広範な影響力を持つ主要なイスラム教団がウォロフ語を布教言語としていることなどが,ウォロフ語の拡大をもたらした。

他方,とくに若者たちにとっては,ウォロフ語は近代的な都市文化を担う言語でもある。セネガルの学校教育で用いられる言語はいまも公用語のフランス語のみであり,新聞や雑誌などの文字メディアはあいかわらずフランス語の独壇場であるが,ラジオやテレビなどの音声,映像メディアでは,近年はウォロフ語が主要な位置を占めるようになってきた。 [1]

文字構成

ラテン文字表記

1974 年,ラテンアルファベットを用いたウォロフ語正書法が制定された。

アルファベット


発音:母音


発音:子音


サンプルテキスト

Doomi aadama yépp danuy juddu, yam ci tawfeex ci sag ak sañ-sañ. Nekk na it ku xam dëgg te ànd na ak xelam, te war naa jëflante ak nawleen, te teg ko ci wàllu mbokk.
出典: 世界人権宣言

ウォロファル

セネガルは人口の 90 % がイスラム教徒で,そのなかでとくに大きな影響力を持つのが,19 世紀の末にアファマド・バンバによって創設されたムリッド教団である。セネガルでイスラームが民衆の間に広まったのは,奴隷交易と植民地支配によって旧社会が崩壊していった時代であった。今日,バンバがアラビア語で書いた教えをウォロフ語で歌う宗教詩人のカセットが市場で売られ,路上ではウォロファル(Wolofal)と呼ばれるアラビア文字で表記されたウォロフ語の宗教パンフレットが売られている。詳しい文字表はこちらを参照。

子音字


母音記号


サンプルテキスト

Extrait d un poème wolof de Sërigne Moussa KA (1883-1967) 出典:Mamadou Cissé (2006)Mamadou Cissé (2006)


Garay ウォロフ文字

Garay ウォロフ文字は,ウォロフ語を記述するために,1961 年にセネガルの Assane Faye によって創案された。アラビア文字と同じく右から左に書かれ,字形のいくつかはアラビア文字を想起させる。 名称は、「綿の花の白さ」の意。 出典:Kootz

ウォロフ文字表

サンプルテキスト

Garay 文字体系 Garay (alphabet)

関連リンク・参考文献

[最終更新 2019/06/20]