地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org


世界の文字

ソヨンボ文字 英 Soyombo script


サンスクリット語 svayambhu (「自在」)の転訛。チベット語の呼称 rang-byung snang-ba も同義。初代のクーロンの活仏オンドゥル・ゲゲン(Öndür gegen 1635~1723)が,インド系のランジャナ文字を母体として 1686 年に考案した文字である。16 世紀後半以降のチベット仏教の再導入に伴い,モンゴルでは仏典の正確な翻訳やサンスクリット語音,チベット語音の正確な再現が急務とされた。その要請に応えるため,モンゴル語だけでなく,サンスクリット語やチベット語も表記できるよう工夫されている。

この文字は,インドのデーヴァナーガリー文字に直接の範をとっており,四角い感じから,モンゴル人は kebtege dörbeljin üsüg すなわち,「水平の方形文字」と呼んだ。「水平の」というのは,同じ「方形文字」であるパスパ文字が縦書きであるのに対比させた呼びかたである。

様々な形式の異言語を正確に再現するための工夫の一方,各々の言語を表記するには不要な要素が多く,また,筆画も多い,という実用面の配慮に欠けていた。モンゴル語に関しては蒙古文字よりはるかに正確な表記が可能であるにもかかわらず,まったくと評してよいほど普及しなかった。 [1]

右図はモンゴル国旗で,左側にはソヨンボと呼ばれるモンゴル国のシンボルマークが使用されている。これは文章の開始を示す記号(冠頭記号)としても使われ,後述するソヨンボフォントに収録される。

文字構成

1つの音節はC1V(C2)で構成され,基本記号(右図太線枠で囲まれた部分)に,種々の子音字母,母音字母を付加することで示される。基本記号は,いくつかの字母を支える,いわば柱と壁の機能を果たしている。母音(上)には i,ä,o,ö を示す母音字母,母音(下)には ü,u を示す母音字母が,そして,長母音記号,二重母音 Vu,Vi を示す記号,末尾子音はそれぞれ右図に示す位置に置かれる。
この文字は,サンスクリット語やチベット語も表記しようとするため,たとえば同一の字母であっても,モンゴル語としては d,サンスクリット・チベット語としては t の転写に使用されるといった事態が生じうる。したがって,機械的にローマ字に置換する翻字と個々の言語の音韻体系を考慮した転写とを区別する必要がある。

母音字母


g + 母音


子音字母

次の子音字母の中,モンゴル語の表記に必要なものを青字で示す。他はサンスクリット語,チベット語表記専用の字母である。子音字は単独で使用された場合はには,必ず a を伴う アブギダ 系の文字である。


末尾子音字母


ソヨンボテキスト

サンプルテキスト [2]


テキスト入力

ユニコード文字コード

ソヨンボ文字は,ユニコード U+11A50..U+11AAF の領域にに配置される。対応フォント:GNU Unifont Glyphs

関連リンク・参考文献