地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org


世界の文字

マンヤン文字 英 Mangyan script


フィリピン諸島で外来文化の影響を受けなかった,あるいは,受ける程度の少なかった地域のなかには,今日までスペイン人到来以前のインド系文字の流れを汲む文字を継承しているところがある。現在なおその文字を使用しているのは,パラワン島のタグバヌワ族(Tagbanua)とミンドロ島のハヌノオ・マンヤン族(Hanunóo-Mangyan),および,その北に接するブヒッド族(Buhid)のみである。なぜこの文字が使われ続けたかについては,地理的に周囲と隔絶していて,キリスト教・ラテン文字,イスラム教・アラビア文字との接触がなかったからだとされる。町田(2011) [1]

北部ブヒッド族では,思春期の若者が恋愛歌を習得し,それを文字に書く学習をする。その文字の使用法・使用者ともに限られており,その文字は消滅しかかっているという。この文字の知識の有るのは 50 人弱であり,地域も限られている。一方,南部ブヒッド族とハヌノオ・マンヤン族においては,この文字はより実用的で,識字率約 70%,使用者数約5千である。伝承文芸,借財の証明書,交易,選挙,路傍に生える竹に刻む書き置きなどにも用いられる。山田(2001) [2]

文字構成

南北両地域とも音節文字を用いている。南の地域には字母が 17 あり,北には 18 ある。母音字母が南北とも3,その他は子音と母音 a の結合音を表す。子音と母音 i (または e)との結合の場合には,子音と母音 a の結合を表す字母(基本形)の上に,また,子音と母音 u (または o)との結合の場合には,その下に,それぞれ短い横棒を加えて表す。つまり,この判別音符(タガログ語で Kudlit という)のないものが基本形で,それは常に母音 a をつけて読む。北のブヒッド族は,音素 p と f の両方に同一の字母を用いる。南のハヌノオ・マンヤン族は,音素 l のための字母に判別音符をつけて,音素 r を表記する。

上記の字母は,すべて開音節を表すことから,閉鎖音節の末尾子音を表すことができない。たとえば,mag や pad のように子音で終わる閉鎖音節は,それぞれ ma,pa を示す文字で表さなければならない。つまり,magtepad (はっきりいう)も matapang (荒々しい)も「マタバ」になる。「マタバ」が「マッグタッパッド」であるか「マタパン」であるかは前後の脈絡によることになる。宮本(1985) [3]

ブヒッド文字


ハヌノオ文字


サンプルテキスト

ブヒッド語サンプルテキスト


出典: Omniglot

ハヌノオ語サンプルテキスト

次のアンバハン(恋愛歌)は子供に対する子守唄として歌われたものである。左の列から始めて,下から上に読み進める。ハヌノオ族にとっては,個々の文字の向きはさして重要ではない。自分の目の前から読もうが,反対から見ようが,逆さまに見ようが,その文字は誰にでも読めるのである。ローマ字(ラテン文字)の学習の際に,ハヌノオ族以外のものにとって時に奇妙に映ることが起こる。ハヌノオ族はローマ字で書かれた本を,しばしば,逆さまにして読むのである。山田(1984) [4],町田(2011)


出典:Kuiper & McDermott [5]

文字入力

A) ユニコード文字

ブヒッド文字およびハヌノオ文字のユニコードで収録位置は次のとおり。

ブヒッド文字:U+1740..U+175F

Free Font: Noto Sans Buhid

ハヌノオ文字:U+1720..U+173F

Free Font: Noto Sans Hanunoo

B) アスキーコード入力

Unicode のブヒッド文字およびハヌノオ文字を入力するためのツールは存在しない。そこで,アスキーコードに対応したブヒッド文字フォントBaybayin Mangyan Buhidと,ハヌノオ文字フォント Baybayin Mangyan Postma の使用例を挙げる。個々の音節文字とキーボードとの対応は次のとおり。

関連リンク・参考文献

[最終更新 2019/03/20]