nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

パーリ文字 英 Pali script パーリ pāli (pāḷi)-akkara


パーリ文字という単一の文字体系はない。パーリ語が地域ごとに土着の文字(起源的にはいずれも南インドに由来するシンハラ文字,モン系文字,クメール系文字)で表記され,土着の言語の音韻体系に組み込まれて発音される文字体系を総称したものである。(→ 藪)

インドの仏教徒が残した文献すなわち「仏典」は,その書かれた言語により,大別して 2 つのグループに分かたれる。その第 1 は南方上座部に伝承されたパーリ語の仏典であり,その第 2 は北伝の仏教(説一切有部とその分派,ならびに大乗仏教の諸部派)に用いられたサンスクリットすなわち梵語の仏典である。(→ 言語と仏教)

パーリ語は,インド・アーリヤ族の民衆言語プラークリット語を代表する言語で,南伝上座部仏教(Theravada Buddhism)の経典語である。「パーリ」という語の意味も,’三蔵経(経律論蔵)’ を指している。パーリ語の経典をその註釈(義疏 aṭṭhakathā,復註 ṭīkā,復々註 anuṭīgā)は,上座部仏教を受容発展させた地域にすでに普及していた南インド起源の文字を用いて書かれた。古くは,もっぱら貝多羅葉(palm-leaf)に刻まれた。セイロン(スリランカ)ではシンハラ文字,ビルマではモン文字とビルマ文字,タイ国ではシャム(タイ)文字,カンボジアではクメール文字,ラオスではラオ(ラオス)文字が用いられる。このように,パーリ語という言語は 1 つでありながら,文字は地域によって異なっている。(→ 藪)

また,15~16 世紀成立の北タイのランナー王国のユアン文字(Yuan script,モン系文字とタイ系文字の混淆,モン・スコータイ文字)をはじめ,シャン文字,クン文字タイ・ルー文字などによるパーリ語経典がある。また,5~6 世紀のピュー文字による刻文のなかにパーリ語経典断片がある。次に→ Jensen によるパーリ語の各種表記を示す。

I音価
IIビルマ文字 Kyok-tša (Pāli square script)
IIビルマ文字 painted
IIIビルマ文字 現代
IVタイ文字 Boromat manuscriot
V古タイ文字
VIタイ文字 Pāṭimokkha manuscript
VII古クメール文字
VIII現代クメール文字
IXラオ文字
X古モン文字
XIアーホーム文字

文字と言語

ビルマ・パーリ文字

ビルマ・パーリ文字(Burmese Pali script)は,11 世紀半ばバガンのタトン攻略により,モン・パーリ文字で書かれた経典をバガンに招来しビルマ語風に読むことで成立した。 → 藪

ミャゼディ碑文

ミャゼディ碑文は,ビルマ(ミャンマー)のパガン時代(11 ~ 13 世紀),チャンシッター王の死に臨んで,王子ラージャ・クマール(Rāja Kumār)が先王の遺徳をしのんで残した碑文で,4 面体の石碑に,ビルマ語,パーリ語,モン語,ピュー語で,それぞれ同一の内容のことが刻してある。

4 つの言語のうち,ビルマ語,パーリ語,モン語を刻した面には同一種類の文字が用いられている。これは,総称的に「古モン文字(Old Mon script)」ないしは「古ビルマ・パーリ文字(Burmese Pali script)」と呼ぶことができる。この文字は,南伝上座部仏教とともに南インドの地から伝えられたテルグ・カンナダ文字の系統の古文字パッラヴァ文字(Pallava script)に由来すると推定されている。ちなみに,ピュー語を刻した文字は,同じく南インドのカダンバ文字(Kadamba script)の系統をひくものという。(→ ピュー文字


仏教儀礼のマニュアル

貝葉に漆塗りをし金箔を押した上に黒漆で経文を書いた,いかにも豪華な体裁を持つ経典。パーリ語で受戒や懺悔などを行う際の作法規則を意味するカンマヴァーチャー(kammavācā)をビルマ語式に発音した「カマワーザー」という名称で呼ばれる。経文はパーリ語三蔵(Tipiṭaka)の律(Vinayapiṭaka)からの抜粋。このカマワーザーで用いられている文字の書体は,現行のビルマ文字のような丸形ではなく方形をしており,マメ科の植物でタマリンド(マジー)の種(スィー)を思わせる筆画の形に因んで「マジーズィー書体」と呼ばれる。字形そのものの違いと,通常のビルマ文字の場合と異なる特殊な行配置(上の行の下付き符号と下の行の上付き符号を同じ高さに並べて書く)ため,ビルマ人でも修練しないと読めない。(→ アジア文字曼荼羅 澤田英夫,→ 八杉)

タイ・パーリ文字

シャム・パーリ文字(Siamese pali script)は,13 世紀スコータイ朝における上座部仏教の隆盛のなかで成立した。→ 藪

出典;→ Faulmann

ラオ・パーリ文字

ラオ・パーリ文字(Lao pali script)は,14 世紀半ばに成立した。 下記の例は,伝統的にパーリ語に用いられていたタム文字と,ラオ文字によるパーリ語テキストである。ラオ文字によるテキストで黄色で示した文字は,本来のラオ文字に追加してパーリ語を表すための文字である。 (→ Proposal to Encode Lao Characters for Pali)

クメール・パーリ文字

クメール・パーリ文字(Khmer Pali script)は 14 世紀初めに,タイ経由による上座部仏教の伝来とともに成立した(タイ文字はクメール文字に起源をもつ文字であるが,パール文字の場合は逆にタイからカンボジアに伝えられた)。(→ 峰岸)

パーリ語・クメール文字

「サムット」と呼ばれる絵入りの折本で,パーリ語の経典の他,善男善女を導く物語や地獄と極楽浄土の様子等が解説される。(19 世紀後半,コーイ,14.5 × 65 × 9 cm)タイで作られたパーリ語の経典で,ムール体(丸文字体)のクメール文字で描かれている。(1781 年,貝葉,5 × 55 × 1.5 cm)(→ 八杉)

モン・パーリ文字

モン・パーリ文字(Mon Pali script)は,ある伝承によれば,5 世紀半ばセイロンからタトン(Thaton)を訪れたブッダゴーサにより経典をモン文字に写す作業が行なわれることで成立した。ビルマ・パーリ文字(Burmese Pali script)は,11 世紀半ばパガンのタトン攻略により,モン・パーリ文字で書かれた経典をパガンに招来しビルマ語風に読むことで成立した。"Kammuwa" from Burma Wikipedia Pali

上部はデーヴァナーガリー文字で書かれたサンスクリット語のテキスト。下半分はモン・パーリ語の仏典。

シンハラ・パーリ文字

シンハラ・パーリ文字(Sinhalese Pali script)は紀元前 1 世紀頃初めて書写され,紀元後 5 世紀にセイロンに渡ったマガダ国の学僧ブッダゴーサ(Buddhaghosa,仏音ぶっとん)により固定されたという。 → North

デーヴァナーガリー・パーリ文字

出典;→ Omniglot

ローマ・パーリ文字

ローマ・パーリ文字の文字組織。

関連リンク

[最終更新 2019/06/20]