地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org


世界の文字

仏教ポー・カレン文字 英 Pwo Karen monastic Buginese script

ポー・カレン語は,ミャンマーのカレン州周辺で話される東部方言と,同じくイラワジ川のデルタ地帯で話される西部方言の2つに大きく分かれる。両方言相互の理解はほとんど不可能なほど発音・語彙どの点でも異なっている。仏教ポー・カレン文字は,このうち東部方言が話される地域で使われる。ポー・カレンは,古くからモン人との交流が盛んであり,モン人から仏教を取り入れる過程で,カレン人自身が仏教文書を書くためにモン文字を改変して編み出したと考えられるのが仏教ポー・カレン文字である。現存する最も古い文献は,1851 年に書かれたとされる貝葉 (ヤシの葉に文字を刻んだもの。上図参照貝葉が伝える仏教ポー・カレン文字) である。キリスト教スゴー・カレン文字より以前に,この仏教ポー・カレン文字の萌芽があった可能性は否定できない。 [1]

仏教ポー・カレン文字と発音

子音字

子音字母は下表に示す 36 種類がある。このうち括弧で括った 12 文字については,モン語やパーリ語やビルマ語などからの借用語に稀に現れるのみであり,音価も往々にして一定しない。残りの 24 文字は頻繁に使われ,音価が一定している。

母音符号・末子音符号・声調符号の組み合わせ

母音符号・末子音符号・声調符号の3種類は不可分に結びついている。下表に組み合わせがどのような発音を表すかを,規則的なもののみ示す。

ポー・カレン語テキスト

サンプルテキスト

仏教ポー・カレン文字テキスト: [2]

キリスト教ポー・カレン文字 [加藤昌彦 2004]

この文字は,アメリカのキリスト教宣教師 Braton が,1840 年代から 1850 年代頃にキリスト教スゴー・カレン文字に倣って作ったものである。しかし,仏教徒の多いこの地域のポー・カレンには受け入れられず,後に,仏教徒からキリスト教への改宗者が増えた西部方言地域で受け入れられるようになった。

テキスト入力

ユニコード

ビルマ文字のユニコードでの収録位置は U+1000..U+109F である。ポー・カレン語で用いる文字・記号を赤字で示した。

カレン文字表示テスト

下表右下セルにカレン文字が正しく表示されない場合は,ユニコード対応フォント [3] をインストールする。

正しい表示お使いのコンピュータでは
လိက်လ်ုအှ် ဆိုဒ်လ်ုခိုင့်ဏံင်။
/lik lA qah chuid lA khuing Namng/ 文字がなければ民族は強固にならない。

ポー・カレン文字入力方法

ミャンマーのサイト ThanLwinSof: Ekaya からフリーの Ekaya Input Method (32 bit Windows を使用の場合 Ekaya-0.1.9_x86.exe)を入手,インストールガイドに沿ってミャンマー用キーボードを設定する。ポー・カレン語に必要な文字,例えば上記ユニコード文字表の U+1066 を入力する際は,1066 とタイプし,続けて Alt キーと X キーを同時に押すことによって文字を入力する。【参考】 多言語環境の設定

関連リンク