地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



万葉~いにしへからナウへ(万葉集ナウ)


小河原 正己(プロデューサー)
プロフィール

目次
その1 万葉・古と今の出会い (2020年12月8日公開/22日改訂)
その2 万葉集由来の「令和」 (2020年12月8日公開/22日改訂)
その3 鬼病とコロナ・パンデミック (2020年12月8日公開/22日改訂)
その4 太宰府と太宰治 (2021年1月8日公開)
その5 梅花の歌&万葉の花ランキング (2021年1月8日公開)
その6 万葉秀歌&万葉歌人ランキング (2021年1月8日公開)
その7 令和の考案者が選んだ万葉秀歌 (2021年2月8日公開)
その8 上皇ご夫妻がお好きな万葉秀歌 (2021年2月8日公開)
その9 2011年3月の「合歓の孤悲」 (2021年2月8日公開)
その10 下総国の聖娘子「真間の手児奈」 (2021年3月8日公開)
その11 上総国の蜂娘子「末の珠名」 (2021年3月8日公開)
その12 万葉ファンタジア 謎解き「手児奈と珠名」 (2021年3月8日公開)
その13 東国の高橋虫麻呂と山部赤人 (2021年4月10日公開)
その13の2 真間の手児奈「帯解き替へて」 (2021年5月8日公開)
その14 房総の山辺赤人と田子の浦 (2021年4月10日公開)
その15 「千葉」は「万葉」なり (2021年4月10日公開)
その16 万葉ファンタジア「家持黄泉がえり」 (2021年5月8日公開)
その17 634の国の古と今 (2021年5月8日公開)
その18 万葉ファンタジア「歌の学び」 (2021年5月8日公開)
その19 二人の元日文研所長 (2021年6月8日公開)NEW
その20 アラビア沙漠の「万葉集」 (2021年6月8日公開)NEW
その21 皇紀2600年の『萬葉集物語』 (2021年6月8日公開)NEW


【予告編】
その22 3冊の『萬葉集物語』
その23 『萬葉集物語』の素顔
その24 『萬葉集残酷物語』
その25 万葉ファンタジア 「防人の歌」
その26 万葉ファンタジア 「ムナギの歌」
その27 戦場の「万葉集」
その28 戦場のマフラー
その29 ひめゆり学徒隊の相思樹の歌
    (続く)


本稿の編集にあたっては、高岡万葉歴史館坂本信幸館長に監修など協力いただいています。
取り上げた万葉歌の本文(原文)、訳文(読み下し文)は、坂本信幸他共編『万葉集CD-ROM版』(塙書房)から、口語訳は、藤原茂樹・坂本信幸編『日めくり万葉集』、坂本信幸他共編『万葉集校本』から引用参照しています。

【参考資料、参考文献】
NHK「日めくり万葉集」坂本信幸、藤原茂樹 監修、小河原正己他 制作(2008~12年)
小島憲之、木下正俊、東野治之『新編日本古典文学全集 萬葉集』(1994年、小学館)
中西進『万葉集 全訳注原文付き』(1978年、講談社)
斎藤茂吉『万葉秀歌』(1938年、岩波書店)
坂本信幸、毛利正守『万葉事始』(1995年、和泉書院)
大岡信『古典を読む 万葉集』(2007年、岩波書店)
中西進『旅に棲む 高橋虫麻呂論』(1993年、中央公論社)
小野寛『孤愁いの人 大伴家持』(1988年、新典社)
針原孝之『大伴家持―人と文学』(2011年、勉誠出版)
河合隼雄『昔話と日本人の心』(1982年、岩波書店)
江畑耕作『房総の歌人山辺赤人』(1993年、短歌新聞社)
坂本信幸「倭文機の帯解き替へて」(1995年)
胡志昴「真間の手児奈伝説歌を巡って」(1999年)
山崎清介「いや重けよごと(上演台本)」(2019年)

手児奈霊神堂HP 手児奈霊神堂
鋸南町HP 田子の浦と山部赤人
東金市HP 山辺赤人坐像
麻賀多神社HP 麻賀多神社
麻賀多神社縁起 麻賀多神社神代文字
ウィキペディア 近代以前の日本の人口統計
千葉氏HP 千葉氏の一族
ウィキペディア 千葉氏
浅草寺HP 浅草寺
東京スカイツリーHP 東京スカイツリー
片倉もとこHP 片倉もとこ記念沙漠文化財団