地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org


世界の文字

アイトン文字・パケー文字 英 Aiton・Phake


アイトン文字は,インドのアッサム(Assam)に分布する,あるいは分布したことの知られる,タイ系言語の1つであるアイトン語(アッサム語式に,アイトニア語(Aitonia)とも呼ばれる)を表す文字である。アッサムのタイ語は,すでに死語となったアーホム語が有名であるが,それとは別に,カムティー語など,18 世紀後半以後に北部ビルマから移住してきたといわれるシャン族(Shans)の言語がいくつか知られており,アイトン語もその1つである。人口はもともと僅少であったようで(20 世紀初頭で 2 か村),近年のインド側資料にはカムティー語以外の名はない。系統は,南西タイ語系で,ビルマのシャン語に類似し,その1方言とみなしてよく,文字も,シャン文字にほぼ同じである。

パケー(パーケー)文字は,アイトン文字と同系の,アッサムに分布するタイ系の言語であるパケー語を表記するための文字である。パケー語は,現在も話し手がいるといわれる。 [1]

文字構成

以下の記述は Morey (2005) [2] に因る。

子音字母


末尾子音字


副次子音符号


脚文字


母音記号


閉音節


パケー語における声調

パケー語には6種類の声調があるが,表記上の区別はない。そのため,例えば kiŋ の異なる発音が同じ綴りで表記され,単語を見ただけでは意味の区別がつかないことになる。次に keŋ, kaiŋ で表す例を併せて示す。


特殊記号・二重母音


əi 型合字


6 kham2 型合字


テキスト

サンプルテキスト

アイトン語サンプル


出典:Morey (2005),Free Font: Aiton Script (morey-fonts.zip に同梱)。また,texts に掲載されている圧縮ファイル Aiton を解凍すると多数のサンプルテキストを得ることができる。

パケー語サンプル

出典:Morey (2005),Free Font: Phake Script, Phake Ramayana (morey-fonts.zip に同梱)。また,texts に掲載されている圧縮ファイル Phake を解凍すると多数のサンプルテキストを得ることができる。

文字入力

文字コード

アイトン文字,パケー文字の文字コードは以下のとおりである。

アイトン文字


パケー文字



文字表示テスト

本項で用いたアイトン文字フォントがインストールされていれば,下表右下セルにアイトン文字が表示される。

正しい表示お使いのコンピュータでは
Ajtonq
/aiton/

入力方法

アイトン文字およびパケー文字対応の入力メソッドは存在しない。【参考】 多言語環境の設定

関連リンク・参考文献

[最終更新 2019/03/20]