地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー

ようこそ地球ことば村

世界言語博物館 会員募集

 

  Facebook
  Twitter

 地球ことば村メールマガジン

 ことば村ニュース

 地球ことば村出版物

 リンク集(関連機関&団体)

 サイトマップ

 会員・ボランティア募集中!
 


【地球ことば村・世界言語博物館】
NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

https://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界言語博物館はインターネット上のバーチャル博物館(当サイト)です。

バイリンガル絵本
「日本の童話」 刊行!


「おむすびころりん」から始まって宮沢賢治の「注文の多い料理店」まで7つの物語を日本語と外国語で綴った絵本です。朗読を収録したDVDも付いています。

外国にルーツをもつ子どもたちの日本語・日本文化の学習や母語の保持、日本語を母語とする子どもたちの外国語学習などに役立てていただけます。

詳しくはこちら

ポルトガル語版英語版スペイン語版が刊行されています。

世界のあいさつ集 刊行!
「あなたに会えて よかった」

日本の少年、太郎が夏休みに世界を旅してたくさんの人に出会う物語。41言語のあいさつのことばを収録しました。(英語対訳付き)

詳しくはこちら



2021/1/25

関連情報

「Multilingual EMERGENCY Updates/外国のことばによる災害・コロナの情報」

NHK WORLD-JAPANが災害・コロナの情報を多言語で提供しています。

【対応言語】
英語・アラビア語・ベンガル語・ビルマ語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・フランス語・ヒンディー語・インドネシア語・ハングル・ペルシャ語・ポルトガル語・ロシア語・スペイン語・スワヒリ語・タイ語・トルコ語・ウルドゥー語・ベトナム語・やさしい日本語

「Multilingual EMERGENCY Updates/外国のことばによる災害・コロナの情報」はこちら


★ これまでの関連情報はこちら


2021/1/25

「ことば村ニュース」1月号をサイトに掲載しました!

「ことば村ニュース」1月号のダウンロードはこちら(PDF、238KB)

「ことば村ニュース」バックナンバーはこちら


2021/1/12

世界言語博物館「ことばと暮らし」連載
「アメリカ昔日譚」

小林昭美ことば村副理事長の連載「アメリカ昔日譚」を更新しました。
小林副理事長が1960年代のアメリカ留学を振り返り、考察したエッセイです。

「アメリカ昔日譚」
 muse/life200426.html

第7話 帰国―日本文化圏再突入(PDF、175KB)


2021/1/10

世界言語博物館「ことばと暮らし」

テレビのことば「てっぺん」

中村和則ことば村理事寄稿の記事を掲載しました。
テレビ業界でいう「てっぺん」とは何のことでしょうか?

「てっぺん」はこちら


2021/1/8

世界言語博物館「ことばと暮らし」
「万葉~いにしへからナウへ(万葉集ナウ)」

元NHKプロデューサーの小河原正己氏にご寄稿いただいている連載「万葉~古から今へ」が更新されました。
万葉集の世界と現代をつなぐエッセイです。

「万葉~古から今へ」目次
 muse/life201208.html

その4 太宰府と太宰治
その5 梅花の歌&万葉の花ランキング
その6 万葉秀歌&万葉歌人ランキング



2021/1/6

関連情報

「つながるひろがる にほんごでのくらし」

日本で生活する外国人のかた向けの日本語学習サイトです。
現在、日本語、英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語で学ぶことができます。
→ サイトはこちら


令和2年度 国際化市民フォーラムin TOKYO
「コロナ禍における外国人支援及び国際交流・貢献の現状と課題」

東京都国際交流委員会のイベントです。
2021年2月13日(土)
Zoomによるオンライン開催
→ 詳細はこちら


★ これまでの関連情報はこちら


2021/1/4

「ウェブ活動充実のための寄付募集」
ご協力ありがとうございました。


2020年、ことば村はオンラインでの活動に大きくシフトしました。その環境整備のため、「ウェブ活動充実のための寄付」(目標額500,000円)募集 を10月にスタートし、11月末日までの2ヶ月で目標額を上回る505,000円のご支援を頂戴しました。ご支援くださった皆様に心から御礼申し上げま す。この資金で、よりクオリティーの高い動画などのコンテンツを充実し、ことばに関する情報をどこでもどなたでも楽しみながら様々な問題解決のヒントにな るよう、展開してまいります。
これからもどうぞお見守りくださいますようお願い致します。

ことば村村長からのお礼はこちら


2020/12/30

世界言語博物館「世界の文字」


ことば村会員の稲垣徹氏による「世界の文字」。世界の多彩な文字について知ることができるページです。

文字が書かれた材料に焦点を当てたシリーズ「書写材料」が更新され、「パピルス」「」が加わりました。

「世界の文字」の扉のページはこちら


2020/12/8

世界言語博物館「ことばと暮らし」に新連載!
「万葉~いにしへからナウへ(万葉集ナウ)」

元NHKプロデューサーの小河原正己氏にご寄稿いただく連載「万葉~古から今へ」が始まりました。
万葉集の世界と現代をつなぐエッセイです。

「万葉~古から今へ」目次
 muse/life201208.html

その1 万葉・古と今の出会い
その2 万葉集由来の「令和」
その3 鬼病とコロナ・パンデミック



2020/12/7

世界言語博物館「ことばと暮らし」連載
「アメリカ昔日譚」

小林昭美ことば村副理事長の連載「アメリカ昔日譚」を更新しました。
小林副理事長が1960年代のアメリカ留学を振り返り、考察したエッセイです。

「アメリカ昔日譚」
 muse/life200426.html

第6話 Back to 1960’s(PDF、347KB)


2020/12/6

世界言語博物館「ことばと暮らし」

テレビのことば
「宣材」


中村和則ことば村理事寄稿の記事を掲載しました。

「宣材」


2020/11/29

「ことば村ニュース」11月号をサイトに掲載しました!

「ことば村ニュース」11月号のダウンロードはこちら(PDF、240KB)

「ことば村ニュース」バックナンバーはこちら


2020/11/25

三菱財団・中央募金会助成
「日本の童話電子書籍化事業」が始まりました


三菱創業150年・三菱財団・中央募金会「~新型コロナ感染下において困窮する人々を支援する~『外国にルーツのある人々への支援活動』」の助成を受けて、ことば村既刊の対訳絵本教材「日本の童話」の電子書籍化事業がスタートしました。
今年度末にはポルトガル語・日本語/スペイン語・日本語/英語・日本語の3バージョンの対訳による7編の童話を、挿絵と字幕、朗読音声で楽しむことができます。
どこからでも無料でアクセスでき、外国にルーツのある在日児童の母語保持や日本語日本文化学習に、また、世界中の日本語学習者に役立つことでしょう。
すでに英語版から担当チームが作業をスタートさせました。年度末完成予定の電子書籍版・対訳教材「日本の童話」をどうぞご期待ください。

既刊の「日本の童話」(朗読DVD付)については、こちらをご覧ください。


2020/11/15

世界言語博物館

「ロマニ語」「流浪の民の言語「ロマニ語」」

世界言語博物館に「ロマニ語」についての記事を二つ掲載しました。
角悠介先生(ルーマニア国立バベシュ・ボヨイ大学)のご寄稿です。

【世界のことば】
「ロマニ語」
【ことばと暮らし(エッセイ)】
「流浪の民の言語「ロマニ語」」


2020/11/3

世界言語博物館「ことばと暮らし」

テレビのことば
「音資料」


中村和則ことば村理事寄稿の記事を掲載しました。

「音資料」


2020/11/2

世界言語博物館「ことばと暮らし」連載
「アメリカ昔日譚」

小林昭美ことば村副理事長の連載「アメリカ昔日譚」を更新しました。
小林副理事長が1960年代のアメリカ留学を振り返り、考察したエッセイです。

「アメリカ昔日譚」
 muse/life200426.html

第5話 海に火輪を!(PDF、239KB)


2020/11/1

草の根事業育成財団助成
「外国にルーツのある児童への対訳教材無償贈呈事業」終了のお知らせ

9月に開始した、対訳絵本教材『日本の童話』の無償贈呈事業を終了いたしました。

全国から約60件の希望が寄せられ、ポルトガル語版・スペイン語版・英語版あわせて800セットあまりをお届けすることができました。


地球ことば村では、活動にご協力いただける方、情報を投稿してくださる方をお待ちしています。活動やサイトに関するご意見やご提案もお寄せくだい。




オンライン開催
2021年1月のことばのサロン

「日本にルーツのある海外在住の子ども・若者の日本語継承について」



話題提供:カルダー淑子先生
(ジョンズ・ホプキンス大学・高等国際問題研究大学院)

日時:2021年1月30日(土)
   午前11:00~12:30
当初予定は23日でしたが、30日に変更になりました。

形式:講演と対談
司会:井上逸兵ことば村村長
(慶應義塾大学教授)

Zoomによるオンライン配信 https://zoom.us/j/94689893911
定員100名
定員を超えると入場できません。あらかじめご了承ください。

ニューヨークと東京を結ぶリモートのサロンです。海外に在住する、日本をルーツとする子ども・若者の日本語継承の研究に長年打ち込んでいらしたカルダー淑子先生を迎え、国際化時代の素晴らしい人材である海外在住の若者に日本語を継承する際、乗り越えるべきさまざまな問題について考えます。

詳しくはこちら




オンライン開催
2021年2月のことばのサロン

「ニューブリテン島のことばと文化―コーヴェとベベリ」



話題提供:佐藤寛子先生
(ハワイ大学)

日時:2021年2月20日(土)
   午前11:00~12:30

形式:講演と対談(予定)
司会:井上逸兵ことば村村長
(慶應義塾大学教授)


ハワイと東京を結ぶリモートのサロンです。ハワイ大学の佐藤寛子先生を迎え、メラネシアに属するニューブリテン島の少数話者言語コーヴェとベベリを中心に、そのことばと暮らし、文化について、また、危機言語という状態についての彼らの思いも聞きます。


Zoomによるオンライン配信です。
定員100名、URLは決まり次第掲載いたします。




以下のサロンは新型コロナウイルスの感染予防措置として、開催が延期されています。新しい日程は改めてお知らせいたします。


「創作の中のアイヌ語―『アイヌ文化で読み解くゴールデンカムイ』を題材に」

話題提供:中川裕先生
(千葉大学教授)





Copyright © The Archives of The World Languages. All rights reserved.   
- InstanceEnd -->